Category Archives: Вecorinko

絵文字について

絵文字とは

皆さんは絵文字をご存知でしょうか。絵文字は携帯電話やパソコンなどの文字の一部を絵で表したもので、チャットなどでよく使用されています。絵文字には人の表情、例えば喜びや悲しみ、怒りなどを表現したものや、自動車や楽器など特定の物を表現したものなどの様々な種類が存在します。

文章のみでは淡白に感じられてしまうインターネット上でのコミュニケーションも絵文字を使用することで感情豊かにやり取りをすることができます。とくにTwitterやFacebookなどのSNS、LINEなどのスマートフォンアプリで絵文字が多く使用され、絵文字を目撃する機会も多くなっています。現在でも絵文字は定期的に追加がされていて、今後もより多くの新しい絵文字が増えることが期待されています。

絵文字の歴史

日本から世界に広まった「emoji」

皆さんが普段目にしたり使用したりする絵文字が実は日本で生まれたものだということをご存知でしょうか。絵文字は初めに日本の携帯電話で使われた後に海外にも広がり、現在ではemojiとして世界中の人々に使用されて日本文化の1つとして認知されています。

初めの絵文字は日本の携帯電話「ガラケー」でのみ使用されていて、携帯電話の事業者によってもその種類はバラバラでした。そのため絵文字が正しく表示されないなどの問題もあり、その利用は限定的でした。しかし現在では国際的な機関によって絵文字の種類が統一され、携帯電話だけでなくPCなどからでも絵文字を入力したり表示したりすることができるようになり、そのまま「emoji」という名前で世界中に広まり、使われるようになりました。

インフルエンサーから拡散

顔文字&絵文字メーカーは、無料で自分好みの絵文字を作ることができる絵文字作成アプリです。

オリジナル絵文字は若い女性のマストアイテム

輪郭、目、眉毛、口、手、帽子、アクセサリー、鼻、髪、髭、コスプレなど様々な着せ替えパーツを組み合わせることで絵文字や顔文字を作ることができます。着せ替えパーツは随時更新されており、GIFマークの付いたパーツを使えば、動くGIF絵文字も作成できます。

作った絵文字は「マイ絵文字」として保存し、後から背景を付けたり、文字を追加することも可能です。自分で作るだけでなく、他人が作成したものをダウンロードすることもでき、顔文字&絵文字メーカー対応のキーボードアプリを併せて使用すれば、LINE、Twitter、Facebook、InstagramなどのSNSにオリジナルの絵文字を使って投稿することができるようになります。

贈って貰える「えもじる」

えもじるは、無料で絵文字を作成することができるアプリです。えもじるで作成した絵文字を文書に挿入して使うことはできないので、スタンプを作成することができるアプリと言うほうが正確かもしれません。画像に絵文字を重ねて、又は、単独でスタンプとして使用することができます。

限定パーツあり〼

輪郭に、目、鼻、口、眉毛など好みのパーツを組み合わせることで好みのオリジナル絵文字を作成することができます。小道具を置いたり吹き出しを付けることもできます。完成した絵文字は、えもじるをキーボードで選択することができるように設定して自ら使用する他、QRコードにして友達にプレゼントすることもできます。もちろん、友達からプレゼントされた絵文字を読み込んで使用することも可能です。

即レスの味方Simeji

Simejiは、キーボードのグラフィックやタッチ音を変更し、自分仕様にカスタマイズすることができるキーボードアプリです。基本的には無料ですが、広告が表示されないなどの有料版もあります。

超速で文字からスタンプへ

Simejiを使うと、文字入力の変換候補の表示も自分好みに変更することができます。中でもスタンプ超変換という機能を使用すると。文字からスタンプへ秒速で変換し、LINEやTwitterで即レスすることが可能です。Simejiでは、スタンプギャラリーからダウンロードしたSimejiスタンプの他、マイスタンプとして登録した自作スタンプも使用することができます。また、アスキーアート(AA)と呼ばれるテキストスタンプの機能もあり、定型のものの他、オリジナルのものを登録して、使用することができます。

アバターを作るBitmoji

Bitmojiは、自撮りをした写真から、自身に似た顔のアバターを作り、オリジナルスタンプを作成することができるアプリです。

アニメ調の自分スタンプ

まず、自撮りをすると、候補の顔が表示されるので、髪型、体形、洋服などのパーツを変更していきます。Google社のキーボードアプリGboardを使用すると、GboardからBitmojiスタンプを選択し、LINEなどに投稿することができます。自身の顔写真がベースのスタンプなので、受け取った相手によりリアルに感情を読み取ってもらうことができることでしょう。また、Bitmojiストアから自身のアバターが印刷されたシール、スマホケース、マグカップ、Tシャツなどのグッズを購入することもできます。自分にどこか似たアバターの表情豊かなスタンプ付きの私物にはますます愛着が湧きますね。

絵文字の魔力

絵文字は、デジタルフォントの文字として入力できる絵(イラスト)を指します。ワープロやパソコン、ラベルプリンターのテプラにも絵文字がありましたが、当初はモノトーンのみで、感情を表現するためではなく装飾的なものでした。

普及の背景

PHS、携帯電話やスマートフォンの普及に伴い、人々がテキストメッセージを交換するようになりました。文字のみのメッセージの場合、ともすればきつい印象を与えてしまいかねず、誤解なく気持ちを伝え合う手段として、記号を駆使して表情を表す顔文字が欠かすことのできない存在になりました。その後、絵文字が顔文字に取って代わり発展し、単色カラー、フルカラー、3Dへと多様化しました。現在では、相手の顔が見えない場面でのコミュニケーションを円滑にするための欠かせないツールとなっています。